企業のお客様-目的からコースを探す

新入社員の英語力を
上げたい

早期グローバル人材育成の一環として新入社員にはまず、英語力を身に付けてほしい。
そんな企業様のご要望にお応えします。

こんなお悩みありませんか。

  • 短期集中で2~3日ほど外国人講師に来てもらっているが、継続的な学習はサポートしていない

  • 他の新入社員研修と時期が重なってしまい、英語研修の修了率が悪い

  • 文系と理系で英語力に差があるので、全員に最適な学習ツールを探している

  • 人事担当者が他の研修に付きっきりで忙しく、英語研修の管理ができていない

  • 研修期間中のモチベーションを維持させたい

成功事例

2015年度
2016年度
1年前からの改善ポイント
2015年度
2016年度

解決策のご提案SOLUTION

Reallyenglishの新入社員向け教育で
TOEIC®約600点まで一気に底上げします

2016年度新入社員の平均スコアは497点となっており、二年連続で減少傾向にあります。※1
一方で、人事担当者様が新入社員に期待する英語力は600点です。※2
弊社では、業務量が一番少ないこの時期に新入社員全体の英語力を一気に底上げいたします。

 

1
300時間以上の学習量を提供

スコアアップに必要な学習時間の目安として、TOEIC®500点から600点まで上げるには250時間、700点までは550時間かかると言われています。※1
(2016年の新入社員平均は497点)※2

2
受講生一人ひとりにバイリンガルコーチが付く
手厚いサポート体制

Reallyenglishでは、受講生一人ひとりにバイリンガルコーチが付きます。
まだ学習習慣が身についていない新入社員も、コーチがしっかりサポートするため、eラーニングにありがちな未学習の社員が多い、という状況をつくりにくくします。(Reallyenglishの修了率は85%以上です。)

3
便利な学習管理ツール

Reallyenglishの学習管理ツールは受講者別、クラス別、コース別の検索管理はもちろん、進捗が遅い受講生だけを抽出して一斉メール配信、全研修データのダウンロード(Excel)など、徹底的に修了にこだわった管理システムです。管理者様の業務負荷を軽減します。

人事担当者インタビュー

リアリーイングリッシュの特徴

  • 受講生1人ひとりにバイリンガルーコーチが付き、研修期間中の英語学習をサポート
  • 受講生1人ひとりの英語レベルに合わせて、学習の難易度が随時変化。だから伸びる!
  • TOEIC平均88~120点アップ
  • 300時間以上の学習量
  • 研修管理システム(無料)で人事の研修管理業務を大幅に軽減
  • スマホ・タブレットにも対応
  • 初級者から上級者までレベルに合ったコンテンツで学習できる
  • 1人ひとりの語学力に合わせられる研修だから、何十人もの英語力を一気に伸ばせる
  • 1回の研修で最大の効果が出るように、目標に合わせて学習負荷量を最適化できる
  • 学習法セミナーを定期開催することでモチベーションを維持させる

導入事例CASE STUDIES

お問い合わせはこちら TEL:03-3238-1630
eラーニングコース一覧資料請求はこちら
お問い合わせはこちらから
お電話でのお問い合わせ 03-3238-1630
積極的な学習姿勢を引き出すeラーニングコース一覧
資料請求はこちらから

※1 2016年度 新入社員 TOEIC® Listening & Reading 最新データより
※2 「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書より