グローバル人材育成と
英語力の昇格要件化セミナー

名古屋会場 セミナー内容

日時
2017年11月13日(月)
13:30~17:30 (13:00開場)
場所
JRゲートタワーカンファレンス16階 会議室A
費用
参加無料
第1部
グローバル化に向けたきめ細やかなサポートと昇格要件化の効果(仮)

講演者

デンソーテクノ株式会社 人材開発部 部長石堂 好範

入社後、技術者としてICの設計業務に従事。'08年人材開発部に異動後、社員の技術力強化のため、新人教育見直し、社内検定合格率向上など、さまざまな施策を立て、社内教育の質向上に邁進。グローバル化施策としては、グローバル人材登録制度、TOEIC昇格要件化等を制定。また、新規研修を積極的に試行、導入し、社員の語学力向上に力を入れている。プライベートではニュージーランドを愛し、定期的に渡航。

社内公用語英語化は必要不可欠!
~海外企業M&Aによるグローバルな意思疎通の悩みと解決策~

講演者

IDEC株式会社 執行役員 人財戦略・CSR担当村井 俊文

東レ株式会社・ローム株式会社での海外勤務経験を基にグローバル人事制度を構築。
2016年度からは、株式会社ノーリツのステークホルダーダイアログの社外登壇メンバーとして、グローバル人事施策の提言を行っており、グローバル人事制度分野における第一人者。
また、経団連の人事労務施策に提言をする等、企業の垣根を越えた事業経営戦略策定にも従事。
2016年4月からIDEC株式会社 執行役員 人財戦略・CSR担当。

講演者

IDEC株式会社 人財戦略部 人財開発グループ藤田 昇子

医療、IT業界の企業にて研修を担当。IDEC株式会社では、全社教育体系を再構築し、グローバル人財育成、次世代幹部候補育成のための研修制度の導入に携わった。
現在、2020年4月からの社内英語公用語化に向け、全社英語教育に関する施策を企画導入しており、その取り組みが、関西企業初の試みとして、読売新聞、日経新聞に掲載された。

第2部
異文化における説得術とは

講演者

ビジネスコミュニケーショントレーナーKelly Kawaguchi

企業専門のビジネスコミュニケーショントレーナー。異文化理解、グローバル会議、プレゼンテーション、海外赴任前研修など、実践的なコミュニケーション指導法で、15年以上多数の企業の異文化コミュニケーション問題を解決。
アメリカで育ち、日本でのビジネス経験を活かし、日本人・外国人両方のマインドを熟知したトレーニングを展開している。日本人受講者からの評価が高く、参加後、自信が湧くトレーニングとして話題。
カリフォルニア大学経済学部卒。

第3部
Reallyenglishのご紹介と他社の昇格要件化事例

講演者

リアリーイングリッシュ株式会社 法人営業部長岸本 直哉

セミナー概要

日時 2017年11月13日(月) 13:00開場 13:30スタート(終了予定17:30)
場所 JRゲートタワーカンファレンス16階 会議室A
対象者 グローバル人材育成に携わっている方、人事担当者様、人材育成担当者様、語学研修担当者様
定員 60名
費用 参加費無料

ご登壇企業様情報

デンソーテクノ株式会社
自動車部品メーカー「株式会社デンソー」のグループ会社。デンソーグループが世に出す製品の開発、設計プロセスを担当。従業員数は約2,700名。
グローバル化に先駆け、2005年にデンソーテクノフィリピン株式会社を設立。全従業員の7割以上が英語を必要としているため、数々のグローバル人材育成施策を実施。
IDEC株式会社
東証一部上場。制御機器専業メーカー。2017年3月に仏APEM社を買収。海外売上比率は買収前後で35%から50%以上に。
グループ全体における外国人従業員は約5割から7割超に。
さらなる海外事業強化のため、2020年4月から関西企業の取り組みとしては珍しい社内公用語を英語にすると発表。

講演プログラム

13:00 開場
13:25 開講のご挨拶
リアリーイングリッシュ株式会社 営業本部長 菅井英樹
13:30~14:30 第1部:グローバル化に向けたきめ細やかなサポートと昇格要件化の効果(仮)
講演者:デンソーテクノ株式会社 人材開発部 部長 石堂 好範氏

•グローバル化を推進した背景
•TOEIC®スコアを昇格要件化した理由
•昇格要件化までの導入ステップ など
14:30~15:30 第1部:社内公用語英語化は必要不可欠!
~海外企業M&Aによるグローバルな意思疎通の悩みと解決策~

講演者:IDEC株式会社 執行役員 人財戦略・CSR担当 村井 俊文氏 & 人財戦略部 人財開発グループ 藤田 昇子氏

•グローバル化に向けた社内改革
•会社変革手段としての英語公用語化
•効果的な英語導入ステップ
•英語力底上げのための取り組み など
15:30~15:45 休憩
15:45~17:15 第2部:異文化における説得術とは
講演者:ビジネスコミュニケーショントレーナー Kelly Kawaguchi 氏

第2部は全編英語でのワークショップとなりますが、初級者の方でもご参加いただける内容になっております。
(資料はすべて日本語・英語で記載されています)
17:15~17:30 第3部:Reallyenglishのご紹介と他社の昇格要件化事例
講演者:リアリーイングリッシュ株式会社 法人営業部長 岸本直哉

会場案内地図

JRゲートタワー16階 会議室A(会議室のご紹介
〒450-6616
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3
※駅直結ですので雨を気にせずお越しください。

お申し込みはこちら

必須会期 2017年11月13日(月) 13:30~17:30
必須お名前・ふりがな お名前  
    
ふりがな  
必須会社メールアドレス (※半角英数字でご記入ください)
必須勤務先名
任意部署・役職名
必須勤務先電話番号 (※半角数字でご記入ください)
必須アンケート
このセミナーをどこでお知りになりましたか。

「個人情報の取り扱いについて」

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

リアリーイングリッシュ株式会社(以下、当社といいます。)は、語学教材を主軸としたオンライン学習システムを提供しています。経験豊富な講師陣や専門家が日本人に合った語学教育を研究、開発し、eラーニングの特性を生かして、柔軟かつインタラクティブな方法で学べる質の高い現代的なイギリス教育を提供して参りました。そして、その間、お客様の情報の保護に関しまして細心の注意を払って参りました。このたび当社の事業活動の根幹に関わる責務である個人情報の保護、管理における方針について包括的な見直しに取り掛かることとし、すべての従業員が以下の項目について取り組むべく宣言いたします。

  • 1. 当社は事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、利用及び提供をいたします。また、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないとともにそのための措置を講じます。
  • 2. 当社が保有する個人情報の取扱いに関する法令、政府の指針その他の規範を遵守いたします。
  • 3. 個人情報の管理は、厳重に行うこととし、グループ企業または提携企業へ提供もしくは法令等による場合を除き、お客様の個人情報をご本人の同意を得ずに、第三者へ開示・提供することはいたしません。
  • 4.個人情報に関する不正アクセス、滅失、き損、漏えいを防止するための適切な処置を行います。また、漏洩等の事件・事故が発生した場合、速やかな対応と原因を調査し、是正します。
  • 5.当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行います。
  • 6. 個人情報の取扱いに関する苦情及び相談の申し出があった場合は、その内容を調査し、迅速な処理に努めます。
  • 7. 個人情報保護に関する管理体制と仕組みについての個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善を実施いたします。

制定日 2007年7月1日
改訂日 2017年4月3日
リアリーイングリッシュ株式会社
代表取締役社長 嵯峨 克美

個人情報に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-6 能楽書林ビル4階
リアリーイングリッシュ株式会社
個人情報受付窓口
TEL:03-3238-1630
E-Mail:contact-japan@reallyenglish.com

当社では以下のように個人情報を取り扱っています

1. ご本人から直接書面もしくはWEBフォームで取得する場合の利用目的は以下の通りです。

(1) eラーニングの受講者情報
・学習サービスを提供するため
・お問い合わせ、ご質問に対応するため
・商品サービスに関するご案内のため
・メールマガジン配信のため(「EZ to Talkシリーズ」の受講者のみ)
・統計資料を作成するため
(同情報を商品開発やプロモーション目的に使用することがございますが、その場合はご本人が識別できないよう匿名化して利用いたします)
(2) お問い合わせ又は資料請求をされた方に係る個人情報
・お問い合わせへの対応のため
・資料請求への対応のため
(3) セミナーを申し込まれた方に係る個人情報
・セミナー申込みへの対応のため
・アンケート調査を実施するため
(4) お取引様に関する情報
・取引先を管理するため
・営業活動を行うため
・アンケート調査を行うため
(5) 電話でお問合せいただいた方の個人情報
・お問合せに対して適切に対応し管理するため

2. お客様から委託された業務を通じて個人情報を取得する場合があります。ご本人から直接書面もしくはWEBフォーム以外の方法によって取得する場合の利用目的は、以下の通りです。

(1) 受託業務にて取得する個人情報
・eラーニングのサービスを提供するため
・eラーニングの企画、立案をするため
・お問い合わせ、ご質問に対応するため
・商品サービスに関するご案内のため
・受託業務を適切に遂行するため

※すべての「開示対象個人情報」の利用目的や「開示等の求め」につきましては、以下の「個人情報受付窓口」までご連絡ください。遅滞なく回答いたします。

<個人情報受付窓口>
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-6 能楽書林ビル4階
リアリーイングリッシュ株式会社
個人情報受付窓口
TEL:03-3238-1630
E-Mail:contact-japan@reallyenglish.com

Reallyenglishグループにおける個人情報の共同利用について

Reallyenglishグループでは、グループ各社が持つ経営資源を有機的に組み合わせて、お客様に魅力あるサービスを展開することを通じ、Reallyenglishグループ全体の企業価値向上を図っています。
そのため、以下の範囲内で必要な場合に限定し、お客様の個人データをグループ内で共同利用させていただきます。共同利用に当たっては、より一層、厳格な管理・監督に努めてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

1. 共同利用する項目
氏名、メールアドレス、eラーニングの成績情報など
2. 共同利用する会社
Reallyenglish グループ各社:
・Reallyenglish (UK) Limited(ロンドン)
・Reallyenglish.com Beijing Ltd.(北京、上海、香港)
・Reallyenglish Singapore Pte. Ltd(シンガポール)
3. 利用目的
・新商品、サービスの研究や開発を目的とする市場調査やデータ分析のため
・学習サービスを提供するため
・お問い合わせ、ご質問に対応するため
・商品サービスに関するご案内のため
・統計資料を作成するため
(同情報を商品開発やプロモーション目的に使用することがございますが、その場合はご本人が識別できないよう匿名化して利用いたします)
4. 共同利用の管理責任者
リアリーイングリッシュ株式会社
(Reallyenglish Japan Co., Ltd)

「個人情報の取り扱いについて」にご同意いただけた場合のみ、「同意して送信」をクリックしてください。