企業のお客様導入事例

業種金融対象者「熊大・肥銀ビジネスアカデミー」受講者、自己啓発として全行員へ斡旋
株式会社肥後銀行様
導入コースTOEIC®テスト対応 総合英語コース 7

創立90周年を迎えた、歴史ある地方銀行

【株式会社肥後銀行】
人事部 人材育成グループ グループ長 坂本雅己様

2015年に創立90周年を迎えた、熊本県熊本市に本店を置く老舗の地方銀行です。熊本県の指定金融機関であり、県内トップシェアを誇ります。2015年10月には鹿児島銀行と経営統合し、九州フィナンシャルグループを設立されました。
現在、地方の人口減少という将来を見据えて、国内だけの議論ではなく、海外展開も検討されています。現在は中国上海事務所1か所ですが、特に地理的優位性の高いアジア圏は、今後有力な市場であると認識されています。
お客様の海外進出支援や海外でのビジネスマッチングなど、どの国でも活躍できる、英語が使える人材の育成を目指してReallyenglishを導入されています。

成果
  • 成果のテキストが入ります。成果のテキストが入ります。成果のテキストが入ります。
  • 成果のテキストが入ります。成果のテキストが入ります。
  • 成果のテキストが入ります。成果のテキストが入ります。成果のテキストが入ります。

導入の背景BACKGROUND

国境なき金融ビジネスのスピードアップに

金融業界は国境のボーダーレス化が進んでおり、マーケットでは日々、英語が飛び交っています。グローバルマーケットでは、最も早い情報は英語であり、ビジネスのスピードアップのために英語は必須です。
また、地方銀行の主要な法人顧客の各分野でも、グローバル化が進んでいます。顧客対応という観点においても、地方銀行はグローバル化により敏感になる必要があると考えています。

導入の決め手DECISIVE FACTORS

熊本大学も推薦する、納得の英語学習教材

2年前より、行員研修として新たに、熊本大学と提携した教育プログラム「熊大・肥銀ビジネスアカデミー」を開講しています。行員が法律、プログラミング、英語など業務に必要な幅広い分野を学び直す1年間のカリキュラムです。
その際、英語学習教材として熊本大学より、Reallyenglishの導入を強く勧められました。人事担当者自らも受講し、内容に納得した上で採用を決めました。

ご活用方法HOW TO USE

現場で見えにくいグローバル化の波、奨励金でモチベーションをアップ

「熊大・肥銀ビジネスアカデミー」受講生の英語学習教材としての指定に加えて、希望する行員の自己啓発の教材としても活用しています。熊本県の日常生活や現場レベルでは、グローバル化の影響が直接的には見えにくい、という問題があります。そのため、行員一人ひとりの英語学習のモチベーションを高める工夫をしています。例えば、Reallyenglish修了者には、1万円の奨励金を出しています。また、各自でTOEICを受験し、取得点数次第で最大10万円の奨励金も出しています。今後は、選抜者の英語圏海外への短期語学研修も計画中です。

今後の展望と課題PROSPECTS AND CHALLENGES

地域の未来をリードする「グローカル人材」を育てる

英語の必要性が、行員にまだ十分に伝わっていないと感じています。特に年齢が高くなるほど、その傾向が見られます。今後、さらに高まる海外市場の可能性とともに、その重要性を伝えていきたい。さらには企業としての発展だけではなく、地域とともに発展することこそが、地方銀行の使命です。鹿児島銀行と経営統合をしたからこそ、より大きなことにも大胆にチャレンジできるようになりました。グローバルとローカルの両方に貢献できる、「グローカル人材」を育てていきたい。

導入コースCOURSES THEY ARE USING

導入企業様の活用事例を
まとめて、簡単にご覧いただけます。

e-learningを導入したいけれど、自社での運用イメージが湧かないという企業様向けに、
弊社サービスをご活用頂いているお客様の事例をまとめました。

  • グローバル人材を育成したい
  • 内定者の英語力を上げたい
  • 海外出張・海外赴任する社員の英語力を上げたい
  • 新入社員の英語力を上げたい
  • 管理職・昇格候補者の英語力を上げたい

上記のような様々な目的を達成した豊富な事例を掲載しており、印刷して社内回覧用等にもご利用いただけます。
無料で提供しておりますので、是非ご活用ください。

導入事例掲載企業様(一部抜粋)

関連事例CASE STUDIES

ご要望、ご質問などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。