企業のお客様コラム

タクシードライバーに求められる英語力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、訪日外国人が増える中、特に多くの接客業ではインバウンド対応として、英語力の必要性が増しています。そんな中、外国人観光客を乗せ、観光案内までも担うタクシードライバーにも、大いに英語力が求められる状況になっています。今回は、タクシードライバーに英語力が求められている理由や、最適な英語学習方法についてご紹介します。

1.今、タクシードライバーに英語力が求められている理由

日本政府観光局(JNTO)の統計によると、2018年の訪日外客数は約3,119万人にも上り、前年からの伸率は8.7%でした。2017年は約2,869万人で、前年からの伸率は19.3%だったことから、伸率は減ってはいるものの、まだ伸びている状況です。

 

この訪日外客数増加の背景には、円安の進行や、アジア諸国の経済的成長、特に増加している訪日中国人向けのビザの緩和、国土交通省を中心とした官民によるインバウンド呼び込み施策などさまざまなものがあります。

 

このような状況の中、訪日外国人と触れる機会の多い接客業では、語学力が求められており、タクシードライバーも例外ではありません。特に観光タクシーは外国人観光客を相手に観光案内を担います。このことから、タクシー会社の中には、すでに語学力研修に取り組んでいるところもあります。

 

リアリーイングリッシュの導入事例ではありませんが、タクシー会社の取り組みを知るために、一つの事例をご紹介します。

 

タクシー会社の語学力研修の事例

京都に本社を置くMKタクシー(MKグループ)では、インバウンド事業を開始しており、タクシードライバーの研修を行っています。その背景としては、観光タクシーのドライバーは送迎業務だけでなく、観光ガイドも行うことが挙げられます。

 

観光ガイドは、乗客の興味や好みをくみとり、観光プランを提案します。時にはガイドブックには載っていないエピソードなどもガイドする必要があることから、語学力はもちろん、語学を駆使したコミュニケーション力も必要になってきます。
このことから、同社では専任のネイティブ社員がカリキュラムを作り、英語研修を行っています。また、各営業所ごとに英会話を学ぶサロンがあり、観光案内等に必要な英会話を習得しています。実際、TOEICで高得点を取得している社員も多数存在します。

 

また、同社では、他に観光案内研修や海外留学制度もあります。

 

海外留学制度は、ドライバーの語学力アップを目的としたもので、年2回、留学期間にもバリエーションを持たせて、ドライバーがより濃密に英語学習をできるようにしています。

 

(参考)MKタクシーの取り組み詳細

〉https://www.mk-group.co.jp/esd.html#kensyu

(リアリーイングリッシュの導入事例ではありません)

 

訪日外国人が増える中、タクシー会社としては、タクシードライバーの英語力が、競合との差別化にもつながりやすくなるといえます。こうした語学研修を取り入れることは、会社の売上にも影響してくるでしょう。

 

リアリーイングリッシュでも、それぞれのタクシー会社に合ったさまざまな英語研修をご提供可能です。

 

2.タクシードライバーの英語力向上のために最適な英語学習手法とは?

いざ英語研修を会社で導入しようとしたときに、次のような課題が挙がってくることが多いでしょう。それは、タクシードライバーを決められた時間・場所に集めることは、これまでのスタイルから現実的に困難であるという点です。

 

そこで有効といえるのが、eラーニングです。eラーニングとは、インターネットを使用した学習形態で、スマートフォンがあればいつでも・どこでも受講できます。

 

タクシードライバーは、集合研修を受けたり、机やパソコンに向かって自己学習したりするよりも、例えば、顧客がつかまりにくい隙間時間にスマホでeラーニングによる英語学習をするといったほうが、その業務スタイルに合っているのではないでしょうか。

3.修了率88%のオンライン英語研修「リアリーイングリッシュ」とは

eラーニングという英語学習方法をタクシー会社が取り入れるなら、eラーニングに強みを持つリアリーイングリッシュがおすすめです。

 

リアリーイングリッシュでは、eラーニングとコーチングを組み合わせた効率的・効果的な英語学習を提供しており、これまで修了率88%、導入実績は企業、大学、高校、その他の教育機関で1,000以上を誇ります。

 

その特徴は大きく3つあります。

 

一つは、結果にこだわり、最も費用対効果が高い研修を提供を目指している点です。受講生それぞれに合ったコースをカスタマイズ提案し、最適なレベルで学べるため、効率よく英語力を身に付けることが出来ます。
二つめは、24時間365日、1日5分からどこでも学習できる点です。多忙な現代人に合わせてPC・スマートフォン・タブレットのいずれにも対応したマルチデバイスeラーニングで、いつ・どこで学習しても効率性を失いません。
そして三つめは、学習を継続させるしくみが用意されている点です。動画・アニメーション・画像を駆使した楽しく学べるeラーニングと受講生専任のバイリンガルコーチ※が、研修修了までしっかり受講生をサポートします。
※学校法人向けのサービスには、バイリンガルコーチは付属しません。

 

タクシードライバーへの効率的な英語研修導入をお考えの場合には、ぜひお気軽にご相談ください。

ご要望、ご質問などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。