英語教育 最先端事例

~ICTを活用した効率的・効果的な英語教育

2020年の教育改革。
学校が取り組むべき英語教育の在り方とは。

文部科学省が進めている2020年教育改革。
小学校では5年生から教科として英語が加わり、
大学入試ではこれまでの「読む」「聴く」の2技能評価に加えて「話す」「書く」の4技能評価に変わりました。
この英語教育改革に備え、既に準備を進めている学校も多いのではないでしょうか。ここでは、各学校の事例をご紹介したいと思います。

取り組み事例CASE STUDIES

四天王寺高等学校様

「大学入学共通テスト(2020年度以降に実施予定)」に向けて、ICT教材の導入を検討していた四天王寺高等学校様。
導入の迅速性やシステムトラブルの頻度、費用、教員側の学習管理のしやすさなど導入検討にあたり、様々な不安を抱えていらっしゃいました。

そんな四天王寺高等学校様が導入されたのが、他の大学や数多くの企業で導入されているイギリス発のeラーニング「Reallyenglish」。
大学入学共通テストで利用される民間の英語試験(TOEFL®など)は海外産のテストがほとんどであろうことから、学習教材も、テスト同様海外産のものの方が理にかなっていると思い、イギリスで開発され、そこに日本人が加わる形で制作しているeラーニング「Reallyenglish」を導入しました。

四天王寺高等学校様の取り組み事例を全て読む

長野県教育委員会様×信州大学教育学部様

2020年の小学5・6年生の英語教科化に向けて長野県では、英語指導力を向上させるための「英語教育推進リーダー」の養成に取り組んでいます。
しかし県下360校の英語授業を全てカバーするにはまだまだ人材が不足しており、2020年の英語教科化後は、基本的に学級担任の先生に(英語の)授業をしてもらうことになっています。採用試験の際に英語力が求められていない時代に先生になられた方々とそうでない時代の方々が混在しているため、先生方の英語は様々なレベルがあり、そういった先生方の英語力をこれからどのように向上させるかが問題としてありました。
そこで導入したのが一人ひとりのレベルに応じた英語学習ができるeラーニングの「Reallyenglish」です。
アプリで隙間時間で学習できるため、自宅や通勤中などの好きなタイミングで学習できる点が忙しい先生たちにはぴったりでした。

長野県教育委員会×信州大学 教育学部 様の取り組み事例を全て読む

英語教育のICT化を促進する
Reallyenglishとは?
WHAT IS REALLYENGLISH

ケンブリッジ大学出版局等と共同開発された
イギリス発、世界中で支持されるeラーニング

Reallyenglish(リアリーイングリッシュ)は、イギリスに本社を置く語学オンライン学習のリーディングカンパニー「リアリーイングリッシュ株式会社」が提供する eラーニングによる英語学習講座です。
教育教材分野で世界的なリーダー企業のひとつである、あのケンブリッジ大学出版局マグロウヒル等とも共同でコンテンツを開発してきた実績があり、その良質なコンテンツは少ない時間と費用で高い学習効果が得られるということで、国際的に高い評価を得ています。

各種教育機関で、
200校以上の導入実績。

1999年の起ち上げ以来、1,000以上の大手・有名企業、学校法人の英語研修を中心に導入実績があります。
200校以上の教育機関にて専用教材の開発、授業としてご利用いただいており、この実績を活かして、貴学に最適なプランをご提案いたします。

スマホ世代に最適な
学習スタイル。

今やほとんどの学生が持ち歩いているスマートフォン。
この機器によりICT教育もより身近なものとなっています。
「Reallyenglish」はeラーニングによる英語学習のため、隙間時間や通学時間を用いて学習を実施することが可能です。

多くの教育機関様で
導入いただいています
RESULTS

 

 

導入校様の活用事例を
まとめて、簡単にご覧いただけます。

e-learningを導入したいけれど、自校での運用イメージが湧かないという学校法人様向けに、
弊社サービスをご活用頂いているお客様の事例をまとめました。

  • 他の学校の取り組みを知りたい!
  • 導入事例の詳細が知りたい!
  • 導入の動機や結果を知りたい!

上記のような目的にかなう豊富な事例を掲載しており、印刷して回覧用等にもご利用いただけます。
無料で提供しておりますので、是非ご活用ください。

導入事例掲載校様(一部抜粋)

ご要望、ご質問などございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。