青山学院大学 大垣尚司教授ゲスト登壇!仕事の英語力向上セミナー

2021 12月10日(金)15:00 - 16:30

青山学院大学 大垣尚司教授ゲスト登壇!仕事の英語力向上セミナー

リアリーイングリッシュは、12月10日(金)15時より、 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)を 教材とした仕事の英語力向上セミナーを開催します。 

グローバル人材の育成は、世界進出を目指す企業はもとより、どのような環境下でも活躍できる人材の育成を目指す企業にとっても喫緊の課題です。 そのような中で英語を学ぶビジネスパーソンも、英語研修を提供する会社側も、 

「世界で活躍するためには、どのような英語力を身に付ければ良いのか?」 
「効率よく英語力を向上させるためにはどのような学習教材・研修方法を導入すればよいのか?」 

このような悩みや疑問に日々向き合っていることと存じます。 

今回のセミナーでは、『米経済紙から学ぶ実践英単語』の著者で、長年金融ビジネスの第一線で英語で仕事をし、また、大学で社会人向けにウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)を教材にした英語講義を担当してきた大垣 尚司氏が、WSJを使って無理なく英語を学ぶためのポイントをご説明します。 

『米国を代表するビジネスメディア、ウォール・ストリート・ジャーナルは、単なる「英字新聞」ではなく、ビジネス英語の学習に必要なあらゆる要素を含んだコストパーフォーマンス最強の教材です。』 (大垣 尚司氏) 

 皆さんも、WSJ の読み方とポイントを知り、一歩先のビジネス英語の習得へと踏み出しましょう! 

このような方におすすめ

<人事・海外事業部の方>

● 事業がグローバル展開するにつれ、社員の英語力の底上げをする必要を感じている  
● 会社として効果的な英語学習の機会を設け、社員のモチベーションを高めたい  
● 試験対策だけでなく、ビジネスで本当に活かせる英語を学ばせたい    

 

<個人の方>
● これまで学んできた英語と「ビジネスの現場で使う英語」の違いを感じている  
● 英語学習はしているが、今の学び方でよいか知りたい    
● 試験対策だけでなく、実践できる英語の学び方について知りたい

 

また、ウォール・ストリート・ジャーナル発行元のダウ・ジョーンズ社より Joe Martin 氏にもご登壇いただき、ウォール・ストリート・ジャーナルのご紹介、近年日本における展開についてお話しいただきます。   

セミナーの最後には、リアリーイングリッシュから2021年に発売されたウォール・ストリート・ジャーナル公認のeラーニングコース「WSJで磨くニュース英語リーディング」のご案内およびリアリーイングリッシュを利用した英語研修について、導入各社の成功事例を取り上げながらご紹介させていただきます。 

セミナー概要

日時
2021年12月10日(金)15:00 - 16:30
内容

「WSJから学ぶ仕事の英語−英語上達に王道はない。でも、そんなに大変というわけでもない」   
大垣 尚司 [青山学院大学教授・金融技術研究所長]  

 ・ウォール・ストリート・ジャーナルのご紹介  
 Joe Martin[ダウ・ジョーンズ コマーシャル・パートナーシップ担当副社長] 

・リアリーイングリッシュのご紹介 
岸本 直哉[株式会社EdulinX 法人営業部シニア・マネジャー]   

※セミナーの内容に関しましては、予告なく変更となる場合がありますので予めご了承ください。  

参加費用
無料
開催場所
オンライン(Zoom)
申込締切
2021年12月9日(木)18:00

講師プロフィールINSTRUCTORS’ PROFILE

大垣 尚司(おおがきひさし)

青山学院大学大学院法学研究科教授・金融技術研究所長
京都市生まれ。1982年東京大学法学部卒、1985年米国コロンビア大学LL.M、2011年博士(法学)。日本興業銀行、興銀フィナンシャルテクノロジー株式会社取締役、アクサ生命保険専務執行役員、日本住宅ローン代表執行役社長、立命館大学教授を経て2017年より現職。一般社団法人移住・住みかえ支援機構代表理事、日本モーゲージバンカー協議会代表理事等を兼務。文化放送「大垣尚司と残間里江子の大人ファンクラブ」パーソナリティー。著書に『米経済紙から学ぶ実践英単語』(きんざい、2019)、『金融と法』(有斐閣、2010)、『49歳からのお金』(日本経済新聞出版社、2010)、『ストラクチャードファイナンス入門』(同1997)『金融アンバンドリング戦略』(同2004)『電子債権』(同2005)等。